派遣と比較したときの期間工のメリット

subpage-img

派遣と期間工の仕事の大きな違いは、所属している企業にあります。
派遣では派遣会社に登録をして、派遣会社から給料をもらっています。

期間工では、メーカーとの直接契約となり、給料、社会保険、福利厚生などはすべてメーカーのものとなります。
派遣でも技術社員などになっている場合には、派遣会社から福利厚生を受けられる場合もありますが、登録型の派遣ではそのようなメリットは受けられないケースがほとんどのようです。

期間工ではメーカーの直接雇用なので、寮費が無料、食費が半額などの福利厚生が受けられることがあります。

また、入社準備金や期間満了時の奨励金のように、正社員のボーナスに相当するお金がもらえることもあります。

教えて!goo情報もきっとあるはずです。

派遣では、長く働いていてもほとんど給料が変わらないこともありますが、契約社員の場合には契約が更新されるごとに昇給があり、その昇給の幅も大きくなる傾向があります。

工場派遣の場合、契約期間が1ヶ月から3ヶ月程度の短期に設定されていることが多いようです。期間工の仕事では、契約期間は6ヶ月程度とやや長めに設定されていることもメリットになります。
契約期間中は正当な理由がなければ解雇されることはなく、正社員とほとんど変わらない安定があります。逆に、自分から退職する場合には2週間前に申告をすればよいので、契約期間は長いほど労働者側にメリットがあります。



このように、工場で働く場合にはメーカーからの直接雇用である期間工の仕事のほうがメリットがある傾向があります。



しかし、仕事内容やメーカーによって待遇は異なるので、ケースバイケースでしっかりと比較をする必要があるでしょう。


top